くしろ ときどき とかち 

北海道の東にある 釧路 と 十勝

キタアカリでポテトサラダ

記念すべき!?一品目の料理はポテトサラダです!

今回はキタアカリという品種のじゃがいもを使って作りました。

ほくほくした触感と甘さが特徴でじゃがバターやポテトサラダにはぴったり!

反対に煮崩れしやすいじゃがいものため、カレーや煮物にはあまり向いていません。

 男爵を改良してつくられた品種なので男爵でつくる料理に向いています。

見た目も男爵とそっくりなのですが、見分ける方法が一つあります!

それはじゃがいもの芽が赤みがかっているところです!!

f:id:d0sank0:20190206202059j:plain

 この画像でもわかっていただけると思いますが、少し赤みがかっていますよね!?

これが見分けるポイントなんだそうです。そして実の黄色みが強いのが特徴です。

今回、皮をむいた後の写真は撮り損ねてしまったので別の料理の時に紹介しますね。

ちなみに私の作ったポテトサラダではマヨネーズが多くて黄色をあまり実感できません…。

f:id:d0sank0:20190206200143j:plain

今回、ポテトサラダを作るにあたってポイントを2つ守りました。

  1. じゃがいもはビタミンCが多く含まれており、このキタアカリはその中でも特に多いのだそう!そこでじゃがいもは皮付きのまま水から茹でること。そうすることでビタミンも守られ、甘くホクホク感のある仕上がりになります。

    では、皮むきはどうするのか!?茹でる前に包丁でじゃがいもを一周するように浅く切れ目を入れます。そして茹で上がってから10秒ほど氷水に浸けてあげると…ツルン♪と皮が剥けちゃうんですよ!!

  2. ポテトサラダにマヨネーズを入れるのは、ほんのりと温かいと感じるくらいまで温度が下がったら入れています。熱いうちにマヨネーズを入れてしまうとマヨネーズが分離してしまい触感や風味が悪くなってしまいます。反対に熱いうちに少しお酢を入れてあげると下味がつき美味しいポテトサラダになります。

 

 

見た目はイマイチかもしれませんが、美味しくできたと思います。
ポテトサラダの具として、玉ねぎ・にんじん・きゅうり・コーンを入れてみました。
他にもハムや茹で卵、ツナやマカロニなんかを入れて作ることもあります。
みなさんはどんな具材を入れてポテトサラダを作っていますか!?