くしろ ときどき とかち 

北海道の東にある 釧路 と 十勝

簡単サクサクじゃがいもピザ

休日に家で過ごす日のお昼ご飯ってすごく考えるのは私だけですか!?

お昼に張り切って作ると夜ご飯を悩むことになったり…

なるべく簡単に済ませたいけど、朝ごはんみたいになるのもなぁ…と思ったり。

お弁当はあまり悩まずに作れるのですが、休日のお昼ごはんって悩んでしまいます。

 

というわけで、ある日のお昼ご飯に作ったじゃがいもピザです。

f:id:d0sank0:20190228204053j:plain

 じゃがいもをスライスしてフライパンに並べ、ウインナーや玉ねぎ、ピーマンなど好きなトッピングをして焼くだけ。

簡単にサクサクのじゃがいもピザができます!おやつや晩酌時のおつまみにもいいかも!!

今回はスライスでつくりましたが、ボリューム感を出すためには細切りにしたじゃがいもに小麦粉を少々加えて、じゃがいもで厚めの生地をつくるといいですよ!

ピザ生地を作るのって意外と手間暇がかかるので、じゃがいもで簡単につくってみました。

 

 

そうそう!じゃがいもといえば!!私、芋掘りのアルバイトをしたことがあるんですよ。

ポテトハーベスターという農業機械が芋を掘り上げてくれ、農業機械の上でベルトコンベアーで運ばれてきた芋を選別するというお仕事。

選別といっても芋の大きさを分けるのではなく、芋と一緒に上がってきた石や腐ってしまった芋を取り除く作業です。

大量の芋がベルトコンベアーで運ばれてくるのですが、石や腐った芋が多い場所では必死になって目で追い、取り除きます。

ですが、ふと顔を上げて周りの景色をみると…全然風景が変わっていない!!

それもそのはず、ポテトハーベスターは時速約3キロ程。歩く速さとかわらないんです(笑)

でも、その3キロでも作業が追い付かず時速をさらに落とすこともありました…!

そんなノロノロ作業ですが、一日作業すれば、収穫した芋の大きな山ができます。

畑の景色は作業が進んでいってもほぼ変わりませんから、芋の山がおおきくなっていくことで作業の達成感を味わいました(笑)

そして、変わらないと思い込んでいた景色のなかに見つける変化が面白かったです。

とくに空を見るのが面白くて!毎日作業をしていると太陽の位置でなんとなく時間がわかってきたり。

雲の動きなどは10分もすれば様子が変わりますからね、空を遮るものが何もない畑にいると「あっちの方は雨が降ってるんだなぁ」なんてこともわかります。

日常生活ではなかなか意識してみることのない空ですが、たまに見上げてみるのも面白いと思いますよ!